札幌白石区の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 医療法人社団南郷通整形外科

初めてご来院される方へ

  • HOME »
  • 初めてご来院される方へ

初めてご来院される方へ

数ある病院の中から当院をお選びいただきまして誠にありがとうございます。
初めてご来院いただく患者さまは、以下のお持ち物をお持ちいただくとスムーズに診察が行えます。何かご不明な点がございましたら、ご来院前にお気軽にお電話でご相談くださいませ。
お持ちいただくもの
・予診カード(※)
・健康保険証および各種(老人・公費など)受給者証
・お薬手帳(お持ちの方)
・必要があれば、気になる症状やご質問事項などを記したメモなど

※ 予診カードを事前にご記入しお持ちいただくとスムーズな受診が可能です。
一般の受診の方は「予診カード(一般)」を、事故による受診の方は「予診カード(事故)」を、下のボタンよりプリントアウトして必要事項を記入後、受付にお持ち下さい。
 

こんな症状の方はぜひ当院へ

整形外科では、頭の中(脳など)、胸の中(肺や心臓などの内臓)、お腹の中(肝臓や腸などの内臓)以外は、ほぼすべて治療を行うことが可能です。
当院では、経験豊富な院長をはじめ、元気で明るいリハビリスタッフがみなさまの症状に真摯に向き合います。
「病院に行くほどでもないかな…」と思うような症状でも、後に重大な疾患につながることも考えられます。皆様の生活の手助けができるようサポートしておりますので、ぜひお気軽に南郷通り整形外科へお越しください。

切り傷、擦り傷などの傷全般

「切り傷だけど何科を受診してよいかわからない」という患者さまが多くいらっしゃいますが、整形外科では専門的な状態確認や治療で、後遺症に留意した診察を行うことが可能です。

打撲、捻挫

打撲や捻挫は極めて頻度が高いと言われる外傷ですが、程度によっては症状が長引く場合や後の生活に影響を及ぼす場合があります。また骨折が隠れている場合もあるので、早めの受診でレントゲン確認やリハビリの処置を受けることをおすすめします。

骨折、脱臼

骨折や脱臼は整形外科の専門分野です。レントゲン撮影をして患部の状態を正確に把握し、手術の有無の判断やリハビリのプランニングなどを適切に行います。

関節痛(肩、肘、手首、指、股関節、膝、足首など)

加齢による関節の痛みや日常生活による関節のトラブルなど、それぞれの患者さまの状態の原因を、診察やレントゲンでつきとめます。リハビリはもちろん、投薬や注射など、各原因に適切な治療法で回復を目指します。

首の痛み、肩こり、頭痛、腕・手のしびれ

首の痛みや肩こりに伴う頭痛や手のしびれでお困りの方は、頚椎と呼ばれる首の骨に異常が見られる可能性が考えられます。診察やレントゲンで頚椎の状態を確認することにより、症状に合わせた治療を行います。

腰痛、大腿部痛、脚・足のしびれ

腰の痛みに伴う脚やつま先のしびれでお困りの方は、腰椎と呼ばれる腰の骨に異常が見られる可能性が考えられます。身体を支える役割の腰には負荷が多くかかるため、首と同様に早めの適切な処置が必要です。

関節リウマチ

関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれてしまう関節リウマチは、「手や指のこわばり」「両膝両手首の痛み」などの症状があります。レントゲン検査や血液検査などで診察を行い、投薬やリハビリで改善を目指します。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨の密度が低下し骨がもろくなってしまう骨粗鬆症は、痛みなどの症状が全くない場合も非常に多く、ちょっと転んでしまっただけで骨折をしてしまう可能性も考えられます。早めの受診で予防や治療を行うことをおすすめします。

痛風

足の親指の付け根の激しい痛みが特徴の痛風は、食生活やアルコール、尿酸の処理能力の低下など様々な原因が考えられます。血液検査やレントゲン検査などを行い、内服薬での治療を行います。

スポーツ整形外科

スポーツ中の外傷やスポーツに伴う身体のトラブルを診療します。投球動作による肩や肘の痛み、キックやジャンプ動作による膝の痛み、アキレス腱の痛み、肉離れなど、スポーツに関連する様々な疾患から一日でも早く復帰できるよう、それぞれの患者さまに合った治療を行います。
PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 南郷通整形外科 All Rights Reserved.