札幌白石区の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 医療法人社団南郷通整形外科

診療科目

  • HOME »
  • 診療科目
外傷(打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋腱損傷、熱傷など)、スポーツ傷害、腰痛、肩こり、五十肩、膝痛、手のしびれ、痛風、関節リウマチなどの慢性疾患骨粗鬆症検診、交通事故、労働災害事故の治療を取り扱っております。

整形外科

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷をはじめ、腰痛や肩こり、首の痛み、関節の痛みなど、日常的に起こる身体の痛みを診療します。椎間板ヘルニア、五十肩、神経痛、腱鞘炎、しびれ、外反母趾、偏平足、骨粗鬆症、リウマチなどもご相談ください。

スポーツ外傷と言われるスポーツ特有のケガは、一般の整形外科的傷害と異なることがあります。
スポーツが原因でケガをしたり慢性的な痛みや障害で悩んでいらっしゃる方は、お気軽にご相談下さい。

リハビリテーション科

症状・疾患に合わせた器機を使用し、適切なリハビリ治療を行っていきます。
また、足腰を痛めてしまった方などが寝たきりにならないように、リハビリテーションでサポート致します。

対象疾患としては変形性関節症、五十肩(肩関節周囲炎)、腰痛、頸部痛や肩こり、手足のしびれや麻痺、スポーツ障害や骨折、手術後の機能障害、交通事故後の鞭打ちなどがあります。このような疾患に悩まされている患者さん一人一人の病態を、診断・評価し、充実した物理療法機器を併用して、治療や予防を目的とした個別のリハビリテーションプログラムを提案しています。

スポーツ整形外科

スポーツ中の繰り返し動作で生じるスポーツ障害には、予防も肝心です。
スポーツ外傷と言われるスポーツ特有のケガは、一般の整形外科的傷害と異なることがあります。

当院ではスポーツドクターの資格を持ったドクターが診断、あらゆるスポーツ相談を行います。

リウマチ科

リウマチは、手足の関節の腫れと痛み、朝方の手のこわばりなど、「動かしにくくなる」ことを特徴とした疾患です。
膠原病、自己免疫性疾患の一つとされ、診断がついたのちは適切な薬物治療を必要とする疾患です。

治療の目的としては、病気の進行を抑えることと、痛みを取り除くことの2つに分けられます。
痛みというのは関節リウマチの場合、炎症による痛み、腫れによる痛み、関節が破壊された痛み等がありますが、それぞれの痛みにあわせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションを用いた治療を行います。
PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 南郷通整形外科 All Rights Reserved.